このサイトでは、専門学校の美容師コースで学べることを説明します。

美容師コース美容師コースで学ぶことは幅広く、初めて科目内容を見たときには驚く人もいるでしょう。学科の授業では、関連法規として、法律や制度、社会的責任などについて教わります。衛生管理の授業では、感染症の知識や雑菌の消毒方法を学びます。また、人間の身体に関わる仕事ですので、皮膚や髪の毛について生物学的に学ぶ授業もあります。薬剤の知識も習得しますし、美容用具についての科学知識や物理知識を学ぶ授業、美容室を経営するための経営管理についての授業、歴史についてなどの授業もあるのです。

実習の授業では、カッティングやパーマネント、ローラーカールやウェーブの作り方、カラーリングなどを学びます。

必修の授業として学科授業と実習授業があり、昼間に通う過程であれば、1400時間以上の履修が必要となるのです。その他に、学校によっては、ネイルやエステ、着付けやメイクなども習うコースもありますので、さらに時間数が増えることになります。

美容師の資格に必要な必修科目は共通でも、学校によって併せて学べる知識は異なります。自分に合った学校を見つけることが希望の職業につく第一歩です。このサイトが学校探しの参考になれば幸いです。


関連記事